先日、友人がドライブスルーでサンドイッチを買おうとしたところ、店員さんから「前の人が払ってくれましたよ^^」と言われたそうです。
見知らぬ人から家族3人分のランチをプレゼントされたとのこと!

(写真のお店ではありませんが、よくこんなふうにドライブスルーの列ができています。)

IMG_6928

夫もスタバで2回ほど、その恩恵に預かったことがあるそうです。(よくわからず2回とも自分で止めちゃったそうですが、、笑)

これはPay it forward(恩送り)と言って、誰かから恩を受けた場合にその人に恩を返すのではなく、他の人に恩を送ることだそう。特にクリスマスシーズンに多いようです。

恩を次の人に繋げる人もいれば、他の形で寄付をしたりする人もいるようです。考え方はそれぞれですよね。

友人は恵まれない子供たちの施設に毎年クリスマスのプレゼントをしているそう。
夫は買い物の時にレジで寄付をしていました。


こちらに来て結構戸惑うのは、チップの習慣や、レジでのこれら寄付依頼がわりと頻繁に行われること。
キリスト教の精神ではないかと思いますが、機会があれば「恩送り」も次に繋いでみたいと思います。