旅行初日、モントリオールの空港で日本から来る子供たちを待っていたのですが、着陸したとの連絡があった後、待てど暮らせど現れません。1時間ほど待った頃なんと「スーツケースが出てこない!」とのラインが。汗

これまで何度か知人がロストバゲージで悲惨な目にあったという話を聞いたことはありましたが、どこか他人事と思っていました。。

どうやら成田からデンバーで乗り継いだ際、荷物が積み込まれなかった可能性が高そう。

紛失手続きにもだいぶ時間がかかり、ようやく会えた時にはすでに夜中!
2人とも身軽に手荷物だけで出てきました^^"

幸い貴重品は入れていませんでしたが、着替えも洗面用具もありません。涙
翌日から息子は夫の、娘は私の服を着てしのぐことに。アパートメントホテルにして良かった!洗濯乾燥機が大活躍してくれました^^

届いたら電話するとの事でしたが、丸一日たっても連絡はなく、こちらから問い合わせすると「自分の担当ではないのでわからない」の一点張り。
その翌日には埒があかないので空港まで行き、どこに荷物があるのか早く確認してほしいとかなり強めにプッシュ。
いやはや、なかなか動いてくれませんね〜^^"
アメリカではあるあるですが、カナダも同じ⁉︎

そして丸2日半待って、ようやくスーツケースが届いたとの連絡が^^

ケベックシティに移動する前に見つかってよかった!


IMG_8642

IMG_8644

「見つかってよかったー!」笑

IMG_8645

下の写真の右のご婦人も同じ災難に遭われた方。
左のお嬢さんが、紛失していたお母さんの荷物を受け取る時に担当者にお礼を言ったら、お母さんがすかさず「お礼なんて言わないで!私は丸3日間も荷物がなかったのよー!!」と声を張り上げていました。笑
その気持ち、すご〜くよくわかります!!

IMG_8648