2021年05月

いつものように裏庭の餌台に来る小鳥たちを眺めていると、目の覚めるような鮮やかな黄色の子がやってきました。

一度見たいと思っていたゴールドフィンチ!
驚かせないよう、でも飛んでいってしまう前に早くしなきゃと、ドキドキしつつもそろ〜りと窓に忍び寄り写真に収めることができました。

IMG_8753

FullSizeRender


FullSizeRender

滅多に見かけない小鳥。間近に見たその綺麗なレモンイエローの美しい姿に興奮しました!

まさに "You made my day!"(あなたのおかげで素晴らしい1日になった!)

また来てねー!!

以前も書きましたが、春は凶暴化するグースに何度か追いかけられたことも^^"
卵を温めているメスを守る為、近づく者を「シャー、シャー!」とものすごい形相で威嚇、実際襲われた人も沢山いるとのこと。怖すぎます。。
が、最近はようやくヒナがかえり落ち着いたのでしょう、家族でのんびりと歩いている姿を見かけるようになりました。

下の写真は全て違う親子です。

IMG_8593

IMG_8517

IMG_8796

苦手だったグースですが、今では近づくことがあっても、ゆっくり場所を譲ってくれます。こうして仲良く親子で過ごしている姿はほほえましいですね。


さて、1ヶ月以上、ゴルフ場のグリーン上で陣取っていたこのグース。
誰も取りにいけなかったのでしょう、周りにたくさんのボールがたまって、こんなことになっていました。笑

IMG_8581

このオスもヒナがかえって移動したらしく、ようやく安心してプレーできるようになりました。心から嬉しいです!!


IMG_8862

コース上、隊列を組んで横断する群れ。フンだらけにするのは、相変わらずいただけないのですが、ちょっとほっこりします^^




IMG_8578

散歩中、日本人の友人からナンジャモンジャの木だと聞いて、面白い名前なので調べてみました。

ナンジャモンジャとは、「その地域ではほとんど見られないため、誰も名前を知らない植物」を指すので、何種類かの植物がそう呼ばれているようです。
そのうちの一つ、この木は「ヒトツバタゴ」でした。
英語名は"White fringetree"です。

FullSizeRender

この愛称の由来は、徳川光圀が時の将軍に「あれは何の木じゃ」と聞かれて「なんじゃもんじゃ」と答えたというものや、この木が神事に使われたため名前を呼ぶことが憚られたためというものなど、色々な説があります。

IMG_8576

日本では絶滅危惧類に指定されていて、長野県、愛知県、岐阜県、長崎県にのみ自生しているそうです。天然記念物に指定されているとも書いてありました。


前回触れましたインディアナ州の州都インディアナポリス。世界3大カーレースの一つ、インディ500が行われることで有名です。8月に繰延べされ無観客開催となった昨年は、佐藤琢磨選手が2回目となる優勝を果たした快挙、記憶に新しいところです。
今年は通常通りの日程(5月最終日曜日)に戻して開催するようで、人数は40%に制限するも、それでも13万5000人の観客を動員。コロナ以降、世界中で最も大きなイベントとなる模様です。


会場のインディアナポリス・モーター・スピードウェイ。外から見た観客スタンド。

IMG_8649

そして、このサーキットの中にはなんとゴルフ場があるのです。
一周2.5マイル(約4km)のレースコースは巨大で、隣接するゴルフ場18ホールの内、4ホールがサーキットの中に。

↓こんな感じ。黒い枠がサーキットです。

IMG_8655

6番ホールを終えると、いよいよインフィールドへ。

IMG_8664

トンネルをくぐって内側に入ります。上はレースコース。

IMG_8665

とにかく広い!!気分が盛り上がります!

IMG_8667

10階建てのコントロールタワー(カーレースの司令塔)と観客席

IMG_8670

こちらはコース外側のホール。観客席の裏側を
望みます。


IMG_8681

どうやらカーレースのある日にもゴルフはプレーできるようです。エンジンの爆音が響く中でのゴルフ、物好きな方がいらっしゃるのでしょう。笑

このブリックヤード・クロッシング・ゴルフコースは有名な人の設計で、LPGA(全米女子プロゴルフ協会)ツアーの開催地にもなっているそう。


IMG_8657


相変わらずスコアは散々でしたが、広々とした綺麗なコースで、珍しい体験ができました。

ふと見上げると、彩雲?環水平アーク?どちらかわかりませんが、とにかくとっても美しい空でした!

ケンタッキー州の北側に接するインディアナ州の州都、インディアナポリスに週末旅行してきました。

インディアナポリスに来たらここに行くべし!と言われる有名なステーキハウスへ。全米でこの一店舗しかなく、なかなか予約の取りづらいお店です。

IMG_8626

IMG_8608

1902年創業の「セントエルモ」。ステーキもさることながら、最も有名なのはシュリンプカクテル。メニューにスターター(前菜)はこの一品しかありません。

これはオーダー必須の名物料理です。

IMG_8609


続々と運ばれてきます。

IMG_8613

ジャンボシュリンプ4尾の上にかかったカクテルソースがとにかく辛い!でも大人気!と聞いていました。
辛さの元はホースラディッシュとのこと、ワサビが鼻にくる程度だろうと思い、普通にソースを載せて口に入れると、、、

想像を遥かに超えてきました!!涙は出るわ、こめかみは痛くなるわ、、間違いなく今まで経験したことのない辛さ!
でも不思議なことに、辛いとわかっていてもしばらくするとまた食べたくなり、恐る恐る口に運んではまた鼻が「ツーーーン!!」笑
クセになる味というのでしょうか、このソースは瓶詰めでも販売されているようです。


さてメインのステーキは炭焼きで、ワイルドな味わいでした。こちらは普通に美味しかったです。

FullSizeRender

とにかく強烈な印象のシュリンプカクテル、たくさんのステーキハウスの中でこのお店のことは決して忘れないでしょう。

また食べに行きたいな〜笑

↑このページのトップヘ